クレジットカード現金化の利用停止を防ぐためにすべきこと8選

カード現金化の利用停止のリスク

はじめまして。

元現金化業者の神崎智也(@carddeokane25)です。

前回の『クレジットカード現金化の仕組みを学ぶ』でもお話したように、クレジットカード現金化は信用情報に記録が残らずに即日入金が可能なサービスです。

「今すぐにお金を用意したい!」という方には夢のような方法ですよね。

しかし、クレジットカード現金化は利用停止のリスクがある方法なのを忘れてはいけません。

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約で禁止されている方法なため、カード会社にバレてしまえば様々なペナルティを受けることになってしまいます。

ペナルティを受けないためにも、利用停止への対策は必須です!

今回はカード現金化で利用停止を防ぐために注意すべきポイントをまとめました。

クレジットカードの利用停止は現金化を利用するのなら、絶対に知っておかなくてはならない知識なので、現金化を利用する前に必ず見ていってくださいね。
下の動画でもわかりやすく
解説しているので、あわせてチェックしておきましょう!

安心安全なクレジット現金化優良店ランキング!!

WEB申込のススメ

Switch【スイッチ】

断トツの安全性を持つSwitch【スイッチ】!
数え切れないほどいる業者の中でも『利用者数・換金率・満足度』の3つの部門でNO.1を受賞しており、安全でメリットのある現金化を利用できます。

また、入金されないなどの詐欺が怖い人はSwitch【スイッチ】の手渡しサービスを使うことで、安心して利用することができるでしょう。

安全性ならどこの業者にも負けませんので、安全な現金化がしたい人はSwitch【スイッチ】がオススメです!

換金率
最高98.8%
入金時間
5分
安全である根拠利用者の満足度が非常に高い!
 

ユニオンジャパン

安全な即日現金化ならユニオンジャパン!
ユニオンジャパンは24時間即日現金化に対応している業者です。

その最短振込時間は3分で深夜でも取引ができますので、即日現金化をご希望の方にとって使いやすい業者と言えるでしょう。

また、安全性の高いキャッシュバック方式を採用していますのでクレジットカードが利用停止になることはありません。

振込スピードと安全性を兼ね備えたクレジットカード現金化をぜひ体験してみてください。

換金率
最高98%
入金時間
3分
安全である根拠安全性の高いキャッシュバック方式を採用!
 

即日対応の現金化業者『アンサー』に依頼する

Answer(アンサー)はカードトラブル一切無しの優良店!
カードトラブル0件の信頼と実績のある業者がアンサーです。
アンサーは今までのクレジットカードの利用停止トラブルを一度も起こしたことがなく、カード会社への対策もしっかりおこなっているため、利用者は安心して現金化を利用することができるのです。

また、アンサーの換金率は1万円~30万円まで一律85%での取引となっています。

もちろん、高額の決済だと最大96%となりますので、少額から多額の現金化まで幅広い範囲で利用することができるのです。

換金率
最高96%
入金時間
5分
安全である根拠創業からカードトラブル0件の実績!
 

安全なクレジットカード現金化の取引手順

カード現金化の利用停止のリスク

クレジットカードは1枚持っているだけでさまざまな場面で役に立つ便利なカードです。

今やインターネット取引にクレジットカードを流用することもできますので、毎月お世話になっている人も少なくないでしょう。

しかし、クレジットカードでの支払いの種類は増えているものの、「どうしても現金が必要!」という状況に陥ることもめずらしくはありません。

  • 医療費の支払い
  • 学校関係の支払い
  • 公共料金の支払い

このような支払いは現金のみが殆どなので、現金がなかったら困ってしまいますよね。

そんなときに使われているのが『クレジットカード現金化』です。

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を換金するサービスのことで、誰でも5分で入金してもらえますので急な出費にも余裕を持って対応が可能です。

1.換金業者の選び方

カード現金化の利用停止のリスク

クレジットカード現金化には審査がないので、キャッシングの審査に落ちてしまった方でも問題なく使えます。

とはいえ、『カード現金化の換金率の真実を完全暴露』でも解説しているように、業者によって換金率が異なりますので利用するときは少しでも換金率の高い業者を選ぶことが大切です。

また、業者を選ぶときに比較サイトのランキングを参考にする方も少なくないと思いますが、比較サイトのランキングはウソの内容が書かれていることもあります。

ですので、比較サイトを使うときは信頼できる比較サイトを選ぶように注意が必要です。

詳しくは『現金化比較ランキング上位の優良店を試してみた』で説明しているので、これから業者を選ばれる方はこちらも参考にしてみてください。

2.ショッピング枠の確認

カード現金化の利用停止のリスク

現金化業者の選別が終わりましたら、次はショッピング枠の確認する必要があります。

「ショッピング枠が足りなかった!」なんてトラブルになったら、無駄な手間となってしまいますからね。

また、限度額以上の決済をしようとするとカード会社に怪しまれる可能性があります。

クレジットカード現金化をする前に限度額を確認しておきましょう。

カードの裏面に書かれている3桁の数字を銀行のサイトで調べることができますので先に調べておくと取引をスムーズに行なうことができます。

インターネットが苦手な方は少々手間がかかりますが電話でも確認することができますので、カスタマーセンターに電話をしてみましょう。

3.業者に問い合わせ

カード現金化の利用停止のリスク

あとは顔写真のついた身分証(パスポート・運転免許証など)を用意すれば、現金化に必要なものはすべて準備完了です。

現金化業者に問い合わせをし、指定された商品をクレジットカード決済で購入します。

決済完了後、10分も掛からずに指定の口座に入金が行われますので自分の必要なことに使いましょう。

ただし、後日に現金化業者から届く商品は必ず受け取りましょう。
受け取り拒否すると契約自体が破綻する恐れがあります。

あとは普通のショッピングと同じように決められた支払日に利用金額分の支払いを行うだけです。

支払い方法は、

  • 一括払い
  • リボ払い
  • 分割払い

と3種類ありますので、自分の返済プランに沿った支払い方法を選択して無理ない返済を心がけてください。

これでクレジットカード現金化のすべての取引手順は終了です。

慣れれば1時間とかからずに終わらせることが出来ますので現金化を上手く活用していきましょう。

カード会社にクレジットカード現金化が発覚すると危険?

カード現金化の利用停止のリスク

このような手続きで簡単にお金が用意できるクレジットカード現金化ですが、冒頭でお話したようにカード会社の利用規約では禁止された行為なため違反行為となります。

クレジットカードはカード会社の利用規約に同意した上で作成をしています。

そして、同意をしたい以上は利用規約を守らなければいけないのは当然ですよね。

利用規約を守らなかった場合、ペナルティを受けることになってしまいます。

1.クレジットカード現金化が禁止されている理由とは?

カード現金化の利用停止のリスク

クレジットカード現金化の利用を禁止する理由は諸説ありますが、一番有力なのは「利用者が支払い不能になってしまう可能性を減らすため」だと言われています。

クレジットカード現金化を使った利用者の最終的な支払い先はカード会社です。

ですので、もし利用者が支払い不能となってしまうとカード会社が大きな損を負うことになってしまいます。

そして、クレジットカード現金化はカード会社が意図している金額以上に借入れができてしまうため利用者が支払い不能になりやすく、カード会社の収益を減らしてしまうことからクレジットカード現金化を禁止しているのです。

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社に禁止されている行為なことを覚えておきましょう。

【関連記事】
クレジットカード現金化は犯罪・違法になるのか徹底検証

2.カード現金化がバレたときのペナルティってなに?

カード現金化の利用停止のリスク

クレジットカードのクレジットとは『信用』という意味の言葉です。

ですので、カード会社の信用からお金を借りれるのがクレジットカードということですね。

そんなクレジットカードの利用規約を違反したことがバレた場合、当然ですがカード会社からの信用は無くなってしまいます。

本来はすぐに払わなければいけない代金をカード会社が立て替えているのに、利用規約を無視した行動を取れば「裏切られた!」と思われるのも無理のない話ですよね・・・。

そして、カード会社の利用規約に違反すると、このようなペナルティを受けることになります。

  • 現行のクレジットカードの利用停止
  • クレジットカード会員資格の剥奪、及び、審査情報の悪化
  • 未納の利用額の一括請求

このペナルティは「今までに料金の延滞はなかったか」「利用限度額いっぱいまで借入をしていないか」といった支払い不能だと判断されやすい行動を取っていた方ほど受けやすいです。

もし、あなたがそういった経験が一度でもあるのなら、クレジットカード現金化は絶対にカード会社にバレないように注意して活用しなければなりません。

あなたは利用停止予備軍?危険度調査アンケート!

カード現金化の利用停止のリスク

「ペナルティがあるならクレジットカード現金化は危険ってこと?」と思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

というのも、今までお話したのはクレジットカード現金化がカード会社にバレたときの話です。

ですので、カード会社にバレなければトラブルになることはないのです。

ちゃんとした方法を使っていればカードが利用停止にはならないので安心してくださいね。

では、そのカード会社にバレずに現金化を利用する方法とは一体何なのでしょうか?

それをお話する前に、まずはあなたの利用停止危険度を簡単なアンケートで調べてみましょう。

調査方法は簡単、今から出す6つの項目のYESかNOで答えて頂くだけです。

これを答えるだけで、あなたの利用停止危険度がすぐにわかりますよ。

  • 換金率が高ければ多少のことは気にしない
  • キャッシング枠を使い切っている
  • 個人で行なう現金化に強い興味がある
  • カード会社への支払いが遅れることがたまにある
  • とりあえず現金を手に入れたい
  • 現金化について調べるのが正直面倒だ

あなたはいくつ当てはまりましたか?

実はこのアンケートは「YES」が多い人ほど利用停止になる可能性が高いものになっています。

基準としては4つ以上「YES」があった人は危ないですよ!

1つ以上あった方も念のために利用停止の対策をすることをおすすめします。

カード会社は条件付けで現金化を監視をしている

カード現金化の利用停止のリスク

クレジットカードは全国的に普及しており、その発行数は全国で2億4千万枚であることが日本クレジット協会の調査により明らかになっています。

この膨大な数のクレジットカードの取引を1つ1つ調査していたのではキリがありませんよね。

2億4千万枚の取引を人間が調査していたらノイローゼになってしまいます・・・。
そこで、カード会社は条件付けをすることによって現金化目的の取引を監視しているのです。

  • ショッピング枠が急激に消費した人
  • キャッシング枠をすべて使い切った人
  • 返済が遅れることがある人

この3つに当てはまる人を条件にクレジットカード現金化を監視しています。

また、その上でクレジットカード現金化によく使われる換金性の高い商品の購入を監視し、該当する利用者に警告を行っているのです。

「クレジットカードの利用目的でお話がありまして~」

このような電話がカード会社から掛かってきたら要注意です。

クレジットカード現金化をしていないかの確認のための電話の可能性が高く、ここで怪しい点が見つかってしまえばカード会社からマークされてしまいます。

このような電話をかけられないためにも換金性の高い商品の購入は止めておきましょう。

自分でするクレジットカード現金化は危険

カード現金化の利用停止のリスク

クレジットカード現金化には業者を使う方法と自分でする方法の2つがあります。

(詳しくは『クレカ現金化を自分でする方法と注意点まとめ』)

自分でするクレジットカード現金化では業者を使わずにカードで買った商品を転売するだけなので、「カード会社にバレない」と思われている方も多いと思います。

しかし、結論から言うと自分でするクレジットカード現金化は危険です。

自分でクレジットカード現金化をする場合、換金率を高めるためには換金性の高い商品を購入しなければなりません。

  • ブランド品
  • 金券
  • 商品券
  • 新幹線の回数券

参考:換金性の高い商品を一覧でまとめてみた | クレジットカード現金化

しかし、こういった換金性の高い商品は以前よりクレジットカード現金化目的で購入されることが多かったため、カード会社も厳しく監視をしています。

そのため、自分でするクレジットカード現金化は余計にカード利用停止の可能性を高める方法となってしまっているのです。

また、換金性の低い商品であればカード利用停止の可能性は低くなりますが、そうすると業者を使ったときより換金率が低くなってしまいます。

自分でクレジットカード現金化をする価値がなくなってしまいますので、基本的に自分でクレジットカード現金化をする意味は無いと考えておいたほうが良いでしょう。

利用停止のリスクを下げるには法人運営の現金化業者を使おう

カード現金化の利用停止のリスク

クレジットカード現金化は利用停止のリスクがあるため、安全に取引をすることが大切です。

それでは、利用停止にならずにクレジットカード現金化するためにはどのような方法を取れば良いのでしょうか?

その方法は法人運営の現金化業者を使うことにあります。

法人会社が運営している業者であればトラブルを起こさないためにも、しっかりとクレジットカードの安全対策が取られています。

また、安全性を保つために『キャッシュバック方式』が使われているのも特徴のひとつです。

カード現金化の利用停止のリスク

キャッシュバック方式とは、利用者に商品を購入してもらって代金の一部を利用者の手元にキャッシュバックする方法のことです。

よくスマホを購入するときにキャンペーンをしている『実質無料!』と一緒ってことですね。

こちらの方法ですが、従来のクレジットカード現金化と違って換金性の高い商品を購入するのではありません。

あくまで商品購入の代金を返還しているだけなので、カード会社も現金化目的の取引かどうかが判断できないのです。

現金化目的かわからないならカードが利用停止にならないのは当然ですよね。

カード現金化の利用停止のリスク

法人運営の現金化業者なら、さらに安全に取引ができますので、安全にクレジットカード現金化をしたい方は法人運営の現金化業者を使うのが良いでしょう。

法人運営の安全な現金化業者に関してはこちらのランキングでご紹介しています。

わたし自身、何度かこちらの業者を使ってクレジットカード現金化をしましたが、カードが利用停止になったことは一度もありません。

また、どこもカードトラブル0件の実績がある業者ばかりなので、クレジットカード現金化をするならこちらの業者がおすすめです!

これからクレジットカード現金化をする方はぜひこちらも併せて参考にしてみてくださいね。

今月のクレジット現金化申込みランキングTOP3

Switch【スイッチ】

Switch【スイッチ】の総合評価
今月の申込みランキングNO.1はSwitch【スイッチ】です。

来店・審査不要で家族や職場に内緒で即日現金化ができるのがSwitch【スイッチ】です。

最短3分での振込を可能としているので急な出費のときにはもってこいですね。

土日祝も関係なしで取引可能なので「とにかく今すぐ現金が必要!」という方にはSwitch【スイッチ】がオススメです。

換金率
最大98.8%
入金時間
最短3分
申込件数
102件

ユニオンジャパン

ユニオンジャパンの総合評価
女性支持率NO.1の優良店がユニオンジャパンです。

ユニオンジャパンでは女性オペレーターによる電話対応をおこなっており、女性でも安心して取引ができます。

また、創業以来カード事故0件の実績がありますので、一切のトラブルなく現金化ができます。

無料見積り・相談も受け付けていますので、女性ならユニオンジャパンに一度問い合わせてみるのが良いと思いますよ。

換金率
91%~98%
入金時間
最短5分
申込件数
92件

即日対応の現金化業者『アンサー』に依頼する

アンサーの総合評価
アンサーは高換金率で即日現金化が可能で多くの利用者から支持を得ている優良店です。

また、顧問弁護士監修の元で取引をしていますので、違法性やトラブルが一切なく取引ができるのも魅力のひとつです。

さらに、現在はキャンペーンを開催しているので利用するなら今が一番お得ですよ!

換金率
88%-98.8%
入金時間
最短5分
申込件数
88件

>>今月の現金化優良ランキングはこちら!<<

クレジットカード現金化業者の優良ランキング